波の花

-Magaki no sato-

神秘的な冬の風物詩 波の花
神秘的な冬の風物詩 波の花
冬の能登の風物詩といえば11月中旬から2月下旬に海岸沿いで見られる波の花です。波打ち際が真っ白な泡に包まれ、気候条件が揃えば、まるで雲の上にいるような幻想的な風景を見ることができます。その正体は意外なことに、海中に浮遊する植物性プランクトンです。その粘液が、日本海の激しい波によって岩にぶつかると、空気を含んで白い泡状になるのです。また、風の強い日には波の花がふわふわと空を舞い、まるで雪のようです。この現象は海が綺麗でないと見ることができないと言われており、能登半島の美しい自然があってこそ見られる情景です。

波打ち際に打ち上げられた波の花。風が吹き
付けると高く舞い上がり、遠くまで飛んでいく。