曽々木海岸

-Sosogikaigan-

海と岩が織りなす豪快な自然美 曽々木海岸(そそぎかいがん)
石川県輪島市にある曽々木海岸は、奇岩や断崖絶壁の荒々しい景勝地が続き、国の名勝及び天然記念物に指定されています。中でも「窓岩」は、板状の大きな1枚岩に日本海の荒波によって開いた直径2mの穴が特徴的な奇岩で、曽々木海岸のシンボル。中でも秋の半ばごろに見られるこの穴から差し込む夕日は「ダイヤモンド夕日」と呼ばれるほどの絶景です。

曽々木海岸沿いにある波の花みち。
冬にはたくさんの「波の花」を見ることが出来ます。