禄剛埼灯台

-Rokkousakitodai-

眼前に大パノラマの日本海が広がる 禄剛埼灯台(ろっこうさきとうだい)
能登半島最北端の岬にある禄剛埼灯台は、明治16年(1883年)イギリス人技師によって設計された美しい白亜の灯台です。外浦と内浦の接点にあたる場所にあり、海から昇る朝日と、海に沈む夕陽が同じ場所で見られる場所としても有名です。天気が良ければ、北アルプスの山々が連なる立山連峰や佐渡島も眺められるという絶景スポットです。

灯台内には普段は入る事が出来ないが、
年に数回一般公開される。