見附島

-Mitsukejima-

まるで大型船が陸に向かっているように見える 見附島(みつけじま)
見附島は、石川県珠州市(すずし)にある島で、島の形が軍艦の頭のように見えることから「軍艦島とも呼ばれています。自然が作り出した高さ約28mの無人島であり、空海(弘法大師)が布教の為に佐渡島から当地方に渡った際に最初に見つけた島であることから「見附島」と名付けられたという地名伝承があります。 引き潮の時間帯は、見附海岸の浜辺から200mに渡る大きな踏み石で出来た1本道を渡ることが出来ます。

縁結びの鐘。浜辺は「えんむすびーち」と
呼ばれ恋人たちの聖地としても人気。